www.stopvilsack.org

自己破産をしてしまうと知人・友人事実が知れ渡ってしまったら一生の恥になってしまう…というように人に知れることが恐ろしいと真剣に思われる方もいるようですが自己破産申立てをしてしまっても公的機関から同僚などに事実関係の報告などがいくことはまず考えられないので一般的な場合においては明らかになってしまうということはないと言えます。又は通常の話だと、破産の手続が済んだ後ならば、債権者から自分の同僚に催促の手紙が送付されることも考えにくいと言えます。ただし破産の手続を司法機関に対して行ってしまうまでの時間は消費者ローンから勤務先に手紙が送付されることもないとは言えません故、そのような引き金で事実が知れ渡ってしまうといった事態が十分にあり得ますし給与の押収を行われてしまうと当然会社の上司に知られてしまうことになるのです。かかることに対する心配がどうしても頭をよぎるのであれば、専門の司法書士や弁護士などに自己破産申立ての実行を任せてみるというようなことをひとまず検討してみるのがよいでしょう。司法書士や弁護士などの専門家に依頼をした場合であれば、すぐに全金融会社に受任通知送付しますがこういった受任通知書が到達した以降は貸し手が破産者本人に向けて直接請求を行うのは固く禁じられているため、自分の部署に発覚してしまうという不測の事態は一切考えられません。加えて、破産の申立てが原因で今の職場をやめなければならなくなってしまうのか否か、という疑問については、役所の戸籍や住民票に烙印をおされてしまうといったことはありえませんから一般的なケースであれば勤務先にばれることはあり得ません。例え、自己破産手続きを申し立てたことが勤務先に秘密が明らかになってしまったとしても自己破産申立てをしたからといって辞めさせることは制度上禁じられていますし、辞めてしまうといったことも当たり前ですが、ないと言えるのです。それでも自己破産の申立てが会社に露見してしまうことで居づらくなって自主的に辞職するということがしばしばあるというのも本当です。賃金の没収においては、民事執行法内で差押禁止債権という名目の中に賃金や給料などを定められており、このようなお金においては25%という上限までしか没収を許されていないのです。つまり、それ以外の75%に関しては没収を行うといったことは法律的にできません。加えて民事執行法においては、スタンダードな国民の最低限必要な費用を設定して政府の発令で金額(三三万円)示しているため、それより下は25%しか押収されないように設定されています。なので、債務者がそれを上回る給金を手に入れているのであればそれ以上の月収において全部強制執行することが可能です。ただし破産に関する法律の改定によって返済に対する免責許可の申込があり、自己破産申請と同時に免責が決まる同時破産廃止などによる処分が確定し、破産の手続きの終了が既に決まっていれば、借財の免責が認められ確実になるまでに関しては破産を希望する人の私有財産などに対して強制執行または仮差押、仮処分などが許されなくなるのでこれより前に実行されたものについても中止されるということになったのです。さらには、免責の認定が確定、決定した際には時間的にさかのぼって行われていた仮処分などといったものは効き目を失するのです。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.stopvilsack.org All Rights Reserved.